読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり夢じゃなかった

4月20日

一晩あけて昨日の出来事は夢であってほしい、と強く願ったけど、やっぱり夢じゃなかった。

 

口唇裂?口蓋裂?名前すら知らなかった私だけどちょっとだけ知識を得た。

 

例えば

割合としては500~700人に1人ということ

原因は妊娠中のアルコール摂取、ストレス、薬の服用、遺伝などと言われているものの、多くは原因不明であること

直接的母乳をあげることは困難で特別な哺乳瓶が必要ということ

口、鼻などといった病気のその場所から、形成外科だけでなく、口腔外科、耳鼻咽喉科、言語訓練など様々な専門家に長期に渡って診てもらう必要があること

などなど。

 

口唇裂口蓋裂の子供を持つママの記事も読んだ。すごく励みになったし、手術後の写真を見るとみんなほとんど分からないくらい綺麗になっていてちょっと安心した。

と、同時に口唇裂口蓋裂の傷跡やバランスの悪い顔に苦しむ中学生や高校生の記事も読んだ。

学校でいじめられてる、マスクをしないと外を歩けない、人に見られるのが怖い

すごく心が痛んだ。

 

 

ボーッとベッドから起きたけど何もする気がしなかった。

こんな時に限って朝からシティに行かないといけない用事がある。キャンセルしよかなとも思ったけど家にいるより外に出た方がいい気がして朝からサラと久々に電車で出かけた。

駅に向かう途中、登校途中のたくさんの高校生達とすれ違った。

産まれてる子はこの子達みたいに友達と楽しくワイワイできるかな。顔のことでいじめられないかな。

って考えてた。

 

久しぶりの電車でサラは嬉しそうに窓の外を見て、サラ語で喋っていた。

私は一緒に外を見ながらサラに

あ、牛!あ、川!あ、家!あ、木!また木!ずっと木!などと言っていた。

やっぱり出掛けてきてよかった。

 

シティですれ違う赤ちゃんや子供の口ばっかり見てしまった。みんな綺麗な口をしていた。

この子はちゃんと飲めるようになるかな

喋れるようになるかな

手術痛いんやろうな

 

突然涙スイッチがオンになって涙が溢れてきた。サングラスしててよかった。

こんなに自分の感情をコントロールできないのは産まれて初めてかも。

 

用事を済ませてちょっとだけ買い物をしてすぐにまたシティを出た。当初の予定ではお昼に前働いてたラーメン屋に食べにいってーあそこに寄ってーとか考えてたけど、そこまでの気分にはなれなかった。

 

帰りの電車でまた泣きそうになった。こらえようとしてグスングスンと鼻をすすっているとサラがそれをマネして鼻をフンフン言わせ出した。

1歳半、最近色んなことをマネしてくる。

もぉ~マネせんとってー

と言いながら笑ってしまった。

あー本当にサラがいてよかったよ。

あなたに救われてるよー。

 

家に着くと2週間前の戌の日にお母さんが送ってくれた安産祈願のお守りが届いていた。

綺麗な字で

元気で丈夫な赤ちゃんが産まれてきますように

と書いてあるのを見るとまた泣けてきた。

やばい私の涙腺壊れてきたかな

 

サラは家に着いた瞬間パタっと寝て、サラの昼寝中も口唇裂口蓋裂のことを調べてた。

同じ病気を持った子供たちのための団体があって、お互いに交流したり、いろんなサポートを受けれることを知った。

 

途中でマークが帰ってきた。

1人で辛かったね  可哀想に

こんな時にそばにいなくてほんとごめん

大丈夫?

と言って

ギューっとされるとまた涙が出てきた。

私はただマークが帰ってきたことが嬉しかったし、すごく安心した。

 

マークは予想通り全然動じてなかった。

今までマークがオロオロしたりパニックになったりしたのを見たことがない。

何かいっつもドンと構えてる感じ。

 

何も心配することない

この子は大丈夫

 

マークにそう言われると気持ちが楽になるから不思議。

そうそうこの安心感。マークとだったら何でも乗り越えられる気がする。

この人と結婚してほんとによかった。

マークも色々調べてたみたいで、すごく冷静にこの子が産まれてきてからどうするべきか、とか具体的なことを話し出した。

 

マークの顔を見たら突然お腹が空いてきて夜にはペコペコだった。暖かくてほっこりするものが食べたくて鍋にした。

マークといろいろ話してお腹も満たされたら少し元気になってきた。

 

何で私の子が

神様何でこんなことするの

って思ってたのが

 

きっと理由があって私たちがこの子の親として選ばれたんや

私達の子ならこんな試練も乗り越えられるから

神様からの贈り物なのかもしれない

 

って思えてきた。

 

まだ現実を全て受け入れられたとは言えないけど確実に昨日の夜とは気持ちが違うかった。

夜も昨日よりはよく寝れた。